2008年 ドイツ クリスマスマーケット

ブッパタールについて

クリスマスマーケット,クリスマスマルクト,ドイツ,ブッパタール

 

ブッパタールは、デュッセルドルフからローカル線で20分くらいの場所にあります。
ブッパタールに近づくにつれ、ドイツのメルヘン世界ような景色から炭鉱の工業地域のような景色に変わっていきます。

 

駅自体が炭鉱の中にあるドイツでは極めて異例な場所です。町自体の規模は小さく、活気に溢れた中央広場までは中央駅から5分ほどで到着できます。

 

ブッパタールのハイライトはなんといっても、「世界で一番最初に運行されたモノレール」が今も市民の交通の足としてそのまま使われていることです。ブッパタールの中央駅を出てすぐの所をモノレールは走っています。モノレールは川の上を走り、炭鉱地帯を通り過ぎていきます。その中で全く異なったドイツの一面を垣間見れます。

 

このモノレールはドイツ人の誇りらしく、ドイツ人が選ぶ名所の上位10位の中にもこのモノレールがランクインしている程です。ドイツ中の鉄道マニアがこのモノレールの写真を撮る目的でこの街を訪れています。

 

 

プッパタール

 

☆プッパタールの現地レポート
 中央広場にサンタ人形が置かれ活気に満ちてました!
 プッパタールについて
 →ブッパタールのクリスマスマーケット
 →ブッパタールのクリスマスマーケットレポート1
 →ブッパタールのクリスマスマーケットレポート2

 

 




ドイツのクリスマスマーケットは世界有数のクリスマスイベントです! 世界中から多くのファンが訪れる「クリスマスマルクト」の魅力を紹介します。

Copyright (C) 2009 ドイツ・クリスマスマーケットの現地レポート All Rights Reserved.

ブッパタールについて