2008年 ドイツ クリスマスマーケット

ケルンについて

「ケルン」(ドイツ語表記Koln、)はドイツのノルトライン・ベストファーレン州を代表する年であり、
その名を中央駅を降りてすぐの場所にある「ケルン大聖堂」によって世界に知られている都市です。

 

「ケルン」の名前の由来はラテン語で植民地を意味する「Colonia」に由来するとされています。
そういった背景からか、ケルンは人口が100万人を越える大都市として発展しています。

 

ケルンの見所は先述の通り、何といっても中央駅の目の前にある「ケルン大聖堂」であり、
この大聖堂は「ドイツ人が選ぶお薦めドイツの観光名所」で堂々一位を獲得し、
まさにドイツの誇りです。

 

このケルン大聖堂は世界遺産にも登録され、世界中から非常に多くの観光客がこの大聖堂を見にこの街に訪れます。
大聖堂は本当に中央駅の出口からすぐの場所にあり、
その大きさと建築様式には非常に心を奪われます。

 

ケルンのもう一つの特徴は、
「ドイツ一人通りの多いショッピング通り」があることであり、その商店街は、
ケルン大聖堂前の広場から始まりますが特に土曜日は人通りでごった返し、
非常に大きな賑わいをみせています。

 

 

ケルン

 

☆ケルンの現地レポート オススメ!
 大聖堂の前に広がるマーケットは活気があって楽しい!
 ケルンについて
 →ケルンのクリスマスマーケットレポート1
 →ケルンのクリスマスマーケットレポート2
 →ケルンのクリスマスマーケットレポート3




ドイツのクリスマスマーケットは世界有数のクリスマスイベントです! 世界中から多くのファンが訪れる「クリスマスマルクト」の魅力を紹介します。

Copyright (C) 2009 ドイツ・クリスマスマーケットの現地レポート All Rights Reserved.

ケルンについて