2008年 ドイツ クリスマスマーケット

フランクフルトについて

フランクフルトはドイツのヘッセン州に属する人口60万人の都市です。
金融中心で有名な街で、ロンドンに次いでヨーロッパ第二の金融街となっています。

 

市街地付近ではドイツ銀行・コメルツ銀行など大手銀行が高層ビルが建っています。
そのおかげでフランクフルトは「ヨーロッパで唯一の高層都市街」として知られています。
(規模は東京の比較にはなりませんが…。)

 

またフランクフルトは大きな国際空港があることでも知られ、
イギリスのロンドン、フランスのパリと並んでヨーロッパの空の交通の拠点となっています。

 

日本ではフランクフルトというと、大きなソーセージをイメージする人が多いかもしれませんが、
あれはフランクフルトの名産の「フランクフルターソーセージ」が元になっています。
そのフランクフルターソーセージと、フランクフルトの地ビールは特産品としてよく知られています。

 

観光ポイントは「レーメ広場」と呼ばれる広場付近に集中していて、
そこには画家の「ゲーテ」が生まれたとされる「ゲーテハウス」もあります。
多くの観光客が様々な地域からこの場所を訪れています。

 

 

フランクフルト

 

☆フランクフルトの現地レポート オススメ!
 駅の出口付近にあったクリスマスツリーがGood!
 直線的なライトアップでとても目立っていました。
 フランクフルトについて
 →フランクフルトのクリスマスマーケット
 →フランクフルトのクリスマスマーケットレポート1
 →フランクフルトのクリスマスマーケットレポート2
 →駅構内のクリスマスマーケット




ドイツのクリスマスマーケットは世界有数のクリスマスイベントです! 世界中から多くのファンが訪れる「クリスマスマルクト」の魅力を紹介します。

Copyright (C) 2009 ドイツ・クリスマスマーケットの現地レポート All Rights Reserved.

フランクフルトについて